月刊誌フローリストで最優秀賞を取るきっかけになったお花屋さんのお話

毎月お花のレッスンに通っているお花屋さんは少し変わっています。
切り花、鉢植え用のお花、プリザーブドで作ったリースなど、、、。
一見、よそのお花屋さんと変わらないように見えるのですが、よく見るとラインナップが個性的。

・葉物や枝物の切り花で使える花材がいつもスタンバイ。
・かわいくて個性的なドライフラワーが豊富。
・ちょっと変わった?目を引く花材がいつもスタンバイ。

だからお店に行くと、「あれ可愛い!これも欲しい!」、、、となっちゃうんですよね。
以前、果物のキーウイの大きな枝がドカーンと飾ってありました(笑)

スワッグを習い始めてから知ったのですが、この先生、以前はホテルでブライダルのお仕事をされていたんです。
花嫁さんのブーケや髪飾り、テーブルや会場に飾るお花など。
実践で多くの難題?の現場をふんでこられたからでしょうか。
技の引き出しは豊富でまさに職人技。

だからレッスンもただお花を束ねるだけじゃなくて、それらの技を教えてもらえるから新鮮で楽しいんですよね。
飽きっぽい私にピッタリの先生です。

私にスワッグとお花の楽しさを教えてくださったお花屋さんはこちらです。

Tiffany(ティファニー)

隣が同じ名前のカフェで(ご両親がされています)ここがまた居心地いい!

モーニングのトーストがお気に入りで毎週通っています。

「スワッグやアレンジメントをやってみたいけど」と思いながら、「また今度」になっているあなたも、近くのお花屋さんで教わってみると、お花との新しいかかわり方が発見できるかもしれません。まずは一歩、踏み出してみましょう!

関連記事

  1. これ作りたい!コムギと七色トウモロコシ・ラフィアで飾ったナチュラルスワ…

  2. 定番スワッグに飽きたらコレ!小麦が爽やか夏スワッグ!

  3. 最優秀賞に選ばれました!

  4. ユーカリを使ったスワッグの作り方

  5. 1つで2度楽しめる!ほわほわアワとルリ玉アザミのスパイラルスワッグ

  6. 2つのスワッグを1つにリメイク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。