1つで2度楽しめる!ほわほわアワとルリ玉アザミのスパイラルスワッグ

お花の束ね方で定番のスパイラル。
お花の先生は「こんなふうに束ねて、、、」とサクサク組んでいかれます。

これがなかなか難しいんです。

基本親指と人差し指で支えているから、花の本数が増えてくると指がつりそうになります。

おまけに花の配置が気に入らなくて、2/3くらいまで束ねても最初からやり直し。
束ねてはバラす、また束ねてはバラす、、、。

難しいけど完成したときが立体的で豪華に見えるし、束ねた茎の部分がキレイだから諦めません!

そんなこんなで1時間以上、格闘。ようやく完成しました。

お店の前でパシャッ!

スワッグを作ったんですが、逆さに吊るすには少しもったいないよね、、、ということでこのまま普通の花束として飾ることに。

 

数日後。

ふたたびバラして、スワッグとして作り直してみました。

少しボリュームが減りました

花束として楽しんだ後はスワッグとして楽しむ。
1つで2度楽しめるのもスワッグの良いところですね。

ドライでもいける花材を選びましたが、セダム(真ん中の上にあるグリーンの多肉植物)だけはどうなるか?
しばらく様子をみてみようと思います。

関連記事

  1. 生花もドライも変わらない花材

  2. 2つのスワッグを1つにリメイク

  3. 月刊誌フローリストで最優秀賞を取るきっかけになったお花屋さんのお話

  4. これ作りたい!コムギと七色トウモロコシ・ラフィアで飾ったナチュラルスワ…

  5. 定番スワッグに飽きたらコレ!小麦が爽やか夏スワッグ!

  6. ジメッとした部屋を一瞬で涼し気に見せる方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。